控除対象になる出費をしている場合は、確定申告すると税金が還付されます。

節税の基本的な仕組み

中年男性

 

サラリーマンは源泉徴収で給与から税金が天引きされるから、節税なんて無理だし自分には関係ないと思っていませんか?

 

それは違いますよ!
サラリーマンだって堂々と賢く節税ができるのです。

 

ここでは確定申告などの節税方法で、お金が返ってくる基本的な仕組みをご紹介。

 

確定申告とは?

1月1日~12月31日までの所得に対して、一定の計算方式で税金額を割り出して確定するものです。サラリーマンの場合は、会社や雇用主が代わりに給与から天引きで税金を徴収して収めてくれているので、身近に感じない人も多いでしょう。

 

しかし、サラリーマンでもこの確定申告をしなければならない人もいます。

 

  • 1年間の給与収入が2000万円以上の人
  • 不動産賃料や原稿料などの副収入が20万円以上ある人
  • 2箇所以上で給与を受け取っていて、年末調整をしていない収入がある人

 

などです。
「私は会社の給与以外でも、これだけの収入がありました」と申告する義務がある場合ですね。

 

逆に、「私はこんなに出費(損益)がありました。」と申告するのも、確定申告でできます。
この場合は、還付金(納め過ぎたと認められる税金)が返ってきます。

 

ん?ここに節税の仕組みがありそうですよね。

 

 

 

確定申告で節税

サラリーマンが確定申告した時に、還付対象となる条件とはどのようなものがあるのでしょう?

 

  • 医療費が家族で年間10万円以上なら返金される可能性が大!薬代や通院に使った交通費も対象です。
  • 扶養家族は同居していなくても、あなたが仕送りして扶養しているなら対象となります。
  • 住宅ローンを組んだり民間の保険に入った場合。
  • 公共団体などに寄付をした場合。
  • 仕事で使うスーツや資料本を購入した場合。

 

どうでしょう?
けっこう控除対象になる出費をしていることに思い当たりませんか?

 

これらは自分から「出費しました。」と申告しないと、戻ってくる可能性はゼロ

 

サラリーマンにとって節税の仕組みとは、早い話が「払い過ぎた税金を申告して、返してもらうこと。」というシンプルなものなんですね。その権利はサラリーマンにこそ、あって然るべきだと思いませんか?

 

 

初めて確定申告をする人のための「確定申告の手順」とは?