税務署は、勤め先に知られたくない個人的な問題にも対応してくれます。

会社にバレないの?

 

アルバイトなどの副業を社則で禁止している会社に在籍している人は、その規則に従ってくださいね。ここでは、特にアルバイトを禁止されていないけれど、会社にバレるのは気まずい感じがするといったサラリーマンに向けてのアドバイスです。

 

>>副業の経費申告についてはこちら

 

 

どうして副業してるのが会社にバレるのか?

仮に居酒屋でアルバイトをしているとしましょう。

 

年末には本業の会社からと、その居酒屋の両方から源泉徴収票が渡されることになりますよね。
しかし、アルバイトの居酒屋では所得税が引かれていない…ラッキー!

 

いえいえ違いますよ。

 

この源泉徴収票は、同じものが「給与支払い報告書」という書類になって税務署にも提出されているのです。
そして税務署では、本業の会社発行の「給与支払い報告書」とアルバイト先が出した「給与支払い報告書」が、あなたと同一人物のものだと確認します。すると2箇所からの給与を足した金額に対して、「住民税」を課税した額を翌年に振り当てるのです。

 

ここで、バレます。
会社はあなたに対して払っている給与が変わらないのに、住民税が上がっていれば「あれ?他に収入があったんだな。」と判断しますよね。

 

 

 

会社にバレないようにするには?

副業やアルバイトを始めた翌年には、必ず確定申告に行ってください。

 

所得税確定申告書の第二表、「住民税の徴収方法の選択」という欄で「普通徴収(自分で払う)」を選びましょう

もしも記入の仕方が分からない場合は、税務署員に「副収入があるのを、会社に知られたくないのですが」と相談すれば、出来る限りの方法を教えてくれますよ。

 

税務署の人

 

税務署は、きちんと納税する人の味方です。
勤め先に知られたくない個人的な問題にもきちんと対応してくれるそうです。

 

ただし、法律上アルバイトが認められない職業の人は、この限りではありません。
くれぐれも法律や規則内での方法です。

 

実際にアルバイトや副業をしていることを、職場バレNGという人の相談は、確定申告の時にけっこう多いのだそうです。
みんな考えることは一緒ということでしょうか。