副業をすると、その分の経費も併せて計算することができます。

副業を行うことで申告できる経費の幅が増える

 

サラリーマンに認められる経費があると分かっても、現実的に考えてみるとあなたの場合は当てはまりますか?

 

月にだいたい5万6千円以上の「経費」を自腹出費するサラリーマンは、バリバリの営業マンなどの一部に限られているような。
けれど、「副業」を始めることでその分の経費も、併せて計算することができます。

 

>>必要経費の節税方法はこちらです。

 

サラリーマンの「副業」ってどんなこと?

考えるサラリーマン

 

会社(源泉徴収されている)以外からの収入を得ることはありますか?
大まかに見れば、それらはすべて副業です。

 

源泉徴収を受けていなければ、税務署に届け出る義務もあります。

 

しかし、税法上の書類には「副業」という項目は無く、以下の2種類に分けて考えます。

 

  • 雑所得=不定期に収益が発生するが、継続的でないもの
  • 事業所得=定期的に安定した収益が発生し、継続性のあるもの

 

 

 

 

副業したら確定申告!

 

確定申告したら税金が増えるかもしれないからイヤだ。

その考え方は「脱税」行為になり違法です

 

バイト先でも源泉徴収されているのに確定申告は必要?

義務ではありませんが、確定申告で経費を証明できれば還付金の対象になる額が増えるかもしれません。

 

20万円以下は課税対象にならないのに確定申告した方がいい?

はい、所得があったことを証明できれば確定申告の時に、認められる経費が増える可能性があります。

 

 

 

事業主になれば認められる経費の幅が増える

例えば副業で

  • ペットシッターなどで犬の散歩代行を毎日する
  • ネットビジネスで毎月5万円以上の収益を出す
  • 料理や裁縫などを人に教えて、月謝収入がある

 

これらの所得がある場合、「事業所得」として認められる可能性が高いです。
つまり、個人事業主として経費の申告ができるようになります。

 

経費として認められる可能性の高いもの

  • ガソリン代や交通費など
  • パソコン購入費やネット接続費など
  • 作業着や靴など

 

実際に仕事をする上で使用しなければならない物品に対する出費は「経費」と考えられます
サラリーマンだけでは認められなかったガソリン代やネット接続費も、副業で事業主になれば経費になるかもしれないのです。